2016年08月24日

湯沸し器のスイッチはこまめに消す

湯沸し器は運転を「入」にしてると電気を多く使ってしまいます。
お湯を使わないときはこまめに「切」にするのが電気代の節約になります。

夏場は冬場に比べると台所などではお湯を使う機会も減るかと思いますが、使わない時はスイッチが切れているか必ず確認しましょう。
お風呂もすぐに次の人が入らない場合は一旦消して追い炊きするなどした方が経済的です。

暑いのでシャワーだけになる人も多いですが、湯船に浸かった方が体が温まります。冷房で身体が冷たいという場合もありますしね。
夏は冬よりお湯が冷めにくいのがいいですね。冷たくなってしまうと追い炊きに時間もかかります。時間が少なくて済むというのは嬉しいことですし、経済面でも助かります。



posted by 貧乏サラリーマン at 21:37| Comment(0) | 電気代・暖房代