2016年09月29日

建売と注文住宅

最近、周りが続々と家を建てています。


結婚してアパートを借りて、子供が生まれて家を建てる。

という人たちが多いですね。アパートに住んだ期間は1、2年という人も結構います。

確かに子供がいるとアパートは狭く、おもちゃや洋服などどんどん物が増えていきますね。

広いお部屋ならいいけれど、私が住んでいるアパートは古く収納が充実しておらず下駄箱もありません。

そうすると、いつの間にか物が溢れていってしまうのです。

収納名人だったらもっと違うのでしょうけど・・・

アパートの家賃もこのまま何十年も払い続けると、いずれ家が買えるくらいの額になりそうです。


住宅ローンを組むことを考えると、年齢的には遅いので家を買うなら今しかありません。

友人たちは皆余裕があり注文住宅です。土地から探して、依頼し家を建てる。

注文住宅は自分たちが間取り、外壁、玄関、キッチン、お風呂などすべて選び納得した上で建てるので後々の不満が少ないそうです。

素材や作業工程もチェックできます。自分たちだけの家ですね。ただ金額は高くなります。


建売はもう建ててあったり、建築中で建物に関する縛りが多いというデメリットがあります。さらにどういう素材が使われているか不明瞭な部分があるそうです。
気に入らない部分に追加注文するとお金がたくさんかかるとか。

けれど、私は家を注文してから建てるということはできません。ローンの返済を考えると厳しい。そもそもその額のローンも組めないかもしれません。

高い買い物なのでじっくり考えたいですね。
posted by 貧乏サラリーマン at 14:06| Comment(0) | 住居

2016年09月07日

保険証がないときの自費診療

産まれたばかりの子供の保険証がまだ出来ていないときなど、保険証を持たずに病院で診察を受けたり調剤薬局で薬をもらうと自費診療になり全額負担となります。

通常だと3割負担かと思いますが、それが全額だとかなりの金額になります。
しかし、保険証が出来てから保険協会に申請すれば本来の負担額だけで済み、多く支払った分が返金されるという仕組みになっているので損をするというわけではありません。

病院によっては診療を受けた当月中に保険証と支払い明細書を持っていけばその場で返金されます。病院によっていつ中なのかは異なるようですね。
調剤薬局でも同じように返金できる期間が違います。その機関によって定めているのでしょうか??

全額負担だと家計にはかなりの痛手となりますので返金手続きを必ず忘れないようにしないといけません。
posted by 貧乏サラリーマン at 19:25| Comment(0) | 医療