2016年12月12日

高齢ドライバー運転免許証の返納

父は身体が不自由でもう運転できるような状態ではありません。

しばらく入院していたら体の動きが一気に悪くなり、歩行器を使ってやっと歩ける状態です。

本人はいずれまた自分で運転したいという意志がありますが、リハビリをサボってばかりいて、まず歩行器なしで歩けるようになることが困難なように思えます。

車椅子でも運転していらっしゃる方はいます。足を使う動作を手でするようですね。その方たちは頭もしっかりしているのだと思います。

父の場合、認知症などはありませんが、年をとり動作が鈍くなっているので運転するのがどちらにせよ危険です。
高齢ドライバーによる事故も連日ニュースで報道されています。それをみると、不安になります。
車を処分してしまったので自ら車を運転するという行為はないと思いますが、まだまだ自分はやれるという思いこみ、年寄りではないという自信は残っています。

そんな中、父の免許証の更新の案内ハガキが送られてきました。

65歳以上の高齢者は、自動車運転免許証の有効期限内に自主的に免許証を返納すると、運転経歴証明書というものを交付することが出来ます。そちらは顔写真入りで身分証明書にもなります。

地域によって違いがありますが、タクシーチケットやバス乗車券がもらえたり、今後の乗車料金が割引されるサービスもあります。

父に運転免許証の返納を勧めると、1人では運転免許証の更新手続きも出来ないことから観念して返納すると言っていました。
posted by 貧乏サラリーマン at 16:19| Comment(0) | 介護

2016年12月03日

地鎮祭の費用

先日、地鎮祭を行いました。

地鎮祭は神社にお願いします。
工務店の知っているところにお願いしていただきました。

費用は二万円

地鎮祭にかかる費用は神社によって異なります。気持ちで+αあるところもあるかもしれません。


私は他の地鎮祭にも出たことがあるのですが、費用は確か同じで全くやり方が違い、今回は時間が短く簡易的なものでした。

供物も違います。

自分で用意するところもありますが、用意をしていただきました。

人参、きゅうり、なす、梨、スルメ、昆布、お米、お神酒

前回の地鎮祭は鯛があったので今回も鯛を用意するのかな?と思ったのですが、ありませんでした。
どうやら鯛は高いし、生ものなので用意しないことも多いようです。

地鎮祭に使った供物はおさがりといって頂きました。用意していただいていただけるのはありがたいことです。

節約する部分ではないけれど、地鎮祭をするなら神社に事前に問い合わせてみると違いがわかるかもしれませんね。
posted by 貧乏サラリーマン at 17:55| Comment(0) | 住居