2019年06月20日

なんでももらってくる父

父はケチではないですし、細かいことを気にしないタイプなので物の値段や食品の価格(食費)にはとやかくいわない人ですが、変なところにもったいない症みたいなのがあって、会社で不要になったものを度々もらってきていました。

20年ちょっと前まで実家はクーラーがありませんでした。ちょっと新しい家だとクーラーがあって、涼しいなぁ〜とうらやましく思っていました。そのクーラーは今よりは性能は劣りますが、壁の上につけるものです。

そんな中、父がもらってきたのは冷蔵庫のような置くタイプの四角いクーラー。居間の真ん中をドーンと占領します。「なにこれ?」遊びに来た友人がそのクーラーをみて驚いていました。今までこんな古いのみたことない・・・と。

しかし、その古いのが我が家にとっては最新だったのです。祖母が自然の風が好きだったので、昼の暑いときは網戸にして窓全開、家のドアも全開。ドアは網戸がないので、虫が入ってくるあせあせ(飛び散る汗)そんな感じだったので、箱型のクーラーでも、なんだか音がうるさいし、水がポタポタ落ちてくるのでも我が家にとっては良いクーラーでした。

そんな風になんか古いものを色々もらってきていたので、当時は庭の片隅がガラクタの山のようになっていました。今は家を新しくしたので少しを残してだいぶ綺麗になったけど。
posted by 貧乏サラリーマン at 23:49| Comment(0) | 思い出話

2019年06月13日

公園に遊びに行くのは安上がりじゃない!

今日は天気が良いので公園に遊びに行ってきました。公園は遊具はあるけど、有料の乗り物は週末だけやっているので今日はお金がかからない日・・・だったはずですが、子供がアイスの自販機をみつけて「食べる!!」と騒ぎ出しました。ジュースも欲しいと言っていましたが、どちらかと選ばせたらアイスを食べることに。まだ三歳前の子にアイス一つは大きいなと思って、一緒にアイスを食べようと一本買うと、「もう一個」「お母さんの!」と言ったので一緒に食べると言いました。でも、アイスを食べだしたら、もうそのことは忘れたようでした。

が、全部食べ終わると「おかわり!!」と言ってもう一回アイスの自販機の前に行き、私のカバンを漁って小銭をとろうとします。ダメだというと、今度はジュース・・・

持っていってたお菓子とお水でなんとかおさまりましたが、すごく大変でした。アイスを一回買ってあげたことで、これからは行くたびにアイスを買わざる負えないと思います。そういう記憶力はいいので、遊具よりも真っ先に自販機に向かう予感。高いアイスでも200円いかないくらいなので、割高ですが仕方ないとあきらめて買ってあげるしかないのかな。

こういうこともあってなるべくデパートには行かないようにしていましたが、公園でも買わないといけないのか。支援センターが一番いいかも。
posted by 貧乏サラリーマン at 16:25| Comment(0) | 子育て