2016年11月05日

引越しの段ボールは自分で用意

引越は段ボール箱代がかかるようです。

昨年引越した人はサカイを使っていました。サカイは仕事が丁寧なのだそう。(サカイの人いわく)
その人は段ボール箱をお任せにしたところ、段ボール箱代がかかったそうです。

サカイの段ボールはキャラクターの可愛いパンダが印字されています。
そして、引越し専用の段ボール箱なので中に何が入っているのかわかるようになっていて「一階 本」「二階 写真アルバム」といったようなどこに何があったのか記入してわかるようになっていました。

ただ、引越業者は運んでくれるけど、整理するのは自分。

捨てられないけど、普段使わないものは段ボール箱のまま山積みになっています。
そのスペースも勿体なければ、不要品はリサイクルショップに出したら、もしかしたら臨時収入になるかも。

そのことを踏まえて私は引越しの段ボールはなるべく自分で用意しようと思いました。
スーパーなどでご自由にお持ちくださいという段ボールを置いているし、宅配で来た段ボールを捨てずに利用するのもよし。
そして、段ボールをなるべく使わないように意識すればそのまま放置というのも予防できるかもしれないと考えました。可愛かったり、同じサイズの段ボールだったら何個も積んでおけるけど、バラバラだったり、印字がオムツとかあまり見られて気持ちの良くない段ボールだったらそのまま放置したくないはず!

もちろん、お金の節約にもなりますぴかぴか(新しい)
posted by 貧乏サラリーマン at 18:25| Comment(0) | 住居
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。