2017年06月17日

すまい給付金の申請

住宅を購入する際に「すまい給付金」というものを知りました。

引き渡しから1年3カ月以内という期限があるので早めの申請がおすすめです。

給付金の申請には、市区町村が発行する課税証明書や建物の登記事項証明書などの書類が必要になります。
とるのには少し大変ですが、お金がもらえるなら大した手間ではありません。

すまい給付金は消費税が10%の場合の算出方法もあり、これから家を建てたい方でもまだまだ給付金の申請が出来そうです。

ただし、所得が決められた金額より多いともらえません。

10万円、20万円、30万円と区切りがあり、たとえ10万円でもエアコン1台買えてしまいます。
自分から申請しなければもらえないもので、すまい給付金についてすすめる人はいません。
対象の方は必ず申請した方がいいです!
posted by 貧乏サラリーマン at 16:35| Comment(0) | 住居

2017年01月05日

糸魚川大火で残った家 網ガラスは高いんです

昨年、12月に起きた糸魚川大火では140棟が延焼しました。

そのうち全焼が120棟。

火災が発生した朝のニュースでは10棟との報道。
大変な火事が起きたと知りましたが、まさか次々に燃え広がりここまで被害が拡大するとは思いもよりませんでした。

昔の家が多い、道が狭いことで消防が追い付かず、さらに強い風が吹いていたという自然現象も重なってしまいました。


その中で一軒、焼けずに残った家が「奇跡の一軒」と話題になっています。

ミタキハウスという地元の建築会社が作った家。

持ち主が「丈夫な家」を依頼し、その通りの家でした。

焼けなかったのは駐車場や道路で隣の家との間があいているというのもあります。
けれど、火災にも強く造られた家だったからです。


火災で隣から火がつくときは、まず窓が割れてそこから火が入ったり軒が燃えたりするそうです。

この家は窓はワイヤー入りの二重ガラスだったとのこと。

このガラス・・・私が家を建てる際に検討していた網ガラスです。

昔は網ガラスは安かったようですが、今は高く、小さな家でも全体を網ガラスにすると200万くらい普通のガラスより上がるのではないか?と思います。

理由は私は家を建てる際に後ろの家との距離が近く、後ろ側だけでも網ガラスにしようかと悩み、建築会社に見積もりを出してもらったところ約90万円プラスでかかるといわれたからです。

結局、予算がなくやめてしまいましたが、こういう丈夫な家にしたいなら窓も考えた方がいいですね。

さらに残った家は窓も小さく、軒も少なそうです。

火事を恐れて「裏に窓無くてもいいんじゃないか?」という提案も家族から出ましたが、絶対それは嫌でした。
片側から光が全く入らないなんて・・・暗い家になってしまいます。

ちなみに網ガラスは防犯の役割もあるそうです。今住んでるアパートが網ガラスになっています。建ったのは何十年前のアパートですが。

今建築中の家は残念ながら地震や火事に決して強くない家。普通仕様の安い住宅です。
それでも、長持ちしてほしい。

この教訓を踏まえていつか耐震耐火に強い家を建てたいです。
posted by 貧乏サラリーマン at 15:04| Comment(0) | 住居

2016年12月03日

地鎮祭の費用

先日、地鎮祭を行いました。

地鎮祭は神社にお願いします。
工務店の知っているところにお願いしていただきました。

費用は二万円

地鎮祭にかかる費用は神社によって異なります。気持ちで+αあるところもあるかもしれません。


私は他の地鎮祭にも出たことがあるのですが、費用は確か同じで全くやり方が違い、今回は時間が短く簡易的なものでした。

供物も違います。

自分で用意するところもありますが、用意をしていただきました。

人参、きゅうり、なす、梨、スルメ、昆布、お米、お神酒

前回の地鎮祭は鯛があったので今回も鯛を用意するのかな?と思ったのですが、ありませんでした。
どうやら鯛は高いし、生ものなので用意しないことも多いようです。

地鎮祭に使った供物はおさがりといって頂きました。用意していただいていただけるのはありがたいことです。

節約する部分ではないけれど、地鎮祭をするなら神社に事前に問い合わせてみると違いがわかるかもしれませんね。
posted by 貧乏サラリーマン at 17:55| Comment(0) | 住居

2016年11月05日

引越しの段ボールは自分で用意

引越は段ボール箱代がかかるようです。

昨年引越した人はサカイを使っていました。サカイは仕事が丁寧なのだそう。(サカイの人いわく)
その人は段ボール箱をお任せにしたところ、段ボール箱代がかかったそうです。

サカイの段ボールはキャラクターの可愛いパンダが印字されています。
そして、引越し専用の段ボール箱なので中に何が入っているのかわかるようになっていて「一階 本」「二階 写真アルバム」といったようなどこに何があったのか記入してわかるようになっていました。

ただ、引越業者は運んでくれるけど、整理するのは自分。

捨てられないけど、普段使わないものは段ボール箱のまま山積みになっています。
そのスペースも勿体なければ、不要品はリサイクルショップに出したら、もしかしたら臨時収入になるかも。

そのことを踏まえて私は引越しの段ボールはなるべく自分で用意しようと思いました。
スーパーなどでご自由にお持ちくださいという段ボールを置いているし、宅配で来た段ボールを捨てずに利用するのもよし。
そして、段ボールをなるべく使わないように意識すればそのまま放置というのも予防できるかもしれないと考えました。可愛かったり、同じサイズの段ボールだったら何個も積んでおけるけど、バラバラだったり、印字がオムツとかあまり見られて気持ちの良くない段ボールだったらそのまま放置したくないはず!

もちろん、お金の節約にもなりますぴかぴか(新しい)
posted by 貧乏サラリーマン at 18:25| Comment(0) | 住居

2016年10月17日

小屋裏収納をつけたい!

全国規模の大手メーカーの建売をいくつか回って思ったこと・・・

それは小屋裏収納がある!という点


小屋裏収納って聞いたことがあるなぁ。テレビでそういうのみたことがあるなぁと思ってましたが、、、

実際に入ってみると結構広くてスペースがあるんですね。

注意する点は高さが1.4m以下でなければならないので中腰にならなければいけないということ。

インテリアを置いてオシャレな空間にしている人もいるようですが、私は小屋裏収納がある家にするのだったら収納スペースになると思います。

ほとんど使わないもの。捨てられない思い出の品などを収納したいですね!
あまり重たいものを運んでしまうと下ろすのも大変なのでその辺は考えないと。


小屋裏収納ってすごく高いのかなぁと思っていたのですが、意外と安いんです。
ローコスト住宅を建てている方に聞いたら金額は坪単価10万円ほどとのこと。

長い目で見たら・・・作りたいなぁと思ってしまいました。なければないでどうにかなるのかもしれないけれど、小屋裏収納のある家をみると欲しくなってしまいました。

節約をする上では物を持たない方がいいけれど、勿体ない症なのでなかなか処分するのに踏ん切りがつかない物を置くには小屋裏収納はちょうど良さそうです。
posted by 貧乏サラリーマン at 19:32| Comment(0) | 住居