2018年12月19日

帝王切開は安あがりだけど喜べない

帝王切開は普通分娩よりもお金がかからないことがあります。

理由は『保険』です。保険に加入していて手術費、入院費が出たりすると、結果的に普通分娩よりもお金がかかっても返ってくる金額が多くなったりするのです。医療費の限度額もありますし。

しかし、妊婦さんの負担を考えるとあまりいいとは言えません。

一人目が逆子で帝王切開だったので二人目も来月帝王切開予定です。一度帝王切開をしていても普通分娩もできることはありますが、残念ながら私はできないようです。子供にとっては危険が少ないので帝王切開のほうが安全のようですし、もしどちらか選べたとしても子宮破裂のリスクを考えると帝王切開を選んだと思います。

でも、手術後の痛みは相当なもので、かなり辛いですし、普通分娩も相当なものだと思いますが、術後も傷のことを気にしなくてはいけなかったり、次の妊娠にも影響が出ます。
posted by 貧乏サラリーマン at 17:03| Comment(0) | 子育て

2018年05月10日

教育テレビってすごくいい教材

子どもが生まれてから教育テレビを頻繁にみるようになりました。こどもがみていないときもつけています。
そうすると、ためになることをたくさん放送しているんです。

トイレの歌なんかもやっていたりして、いづれトイレトレーニングをしないといけない身としては参考になります。おしっこのことを「ちっち」っていうの知らなかったし、靴下履いて靴履く姿がうつると子供のやる気にもつながる気がします。

歌や踊りは楽しいし、いろんな動物も出てくるし、こどもちゃれんじもやっていますが、それと合わせてみています。教育テレビには教育テレビの良さがあり、教材ではないけど、教材のようなものです。

いないないばぁ、おかあさんといっしょ、みぃつけた・・・そしてアニメの数々

Rの法則もみていたんですよね。TOKIOの山口達也さんが未成年に対するわいせつ行為でジャニーズを退所したニュースは連日放送されていました。Rの法則は試験勉強対策や恋愛趣味レーション?のような面白い企画があったり、今の高校生はこんな感じなのかーと感心することがあったりして楽しくみていたので残念です。

教育テレビは「教育」につながるようなこともっともっと放送していってほしいですね。
posted by 貧乏サラリーマン at 16:43| Comment(0) | 子育て

2018年02月27日

こどもの頭はちょっとぐらいザックリな方が可愛い

こどものカット代って馬鹿になりません。大人とそんなに変わらないんです。
まだ二歳になっていないのに、そんなところでお金はかけられません。

二歳というと女の子はまだ一度もカットしていないという子がほとんど。髪が伸びたらかわいく結んだり。
うちは男の子なので散髪をしなくてはいけません。

私はカットする自信がないので、上手くカットする技術はないけど、上手にできる自信ありありの夫にカットしてもらいます。
嫌がる子どもを拘束して2人がかりでの散髪。
夫は普通のはさみでザクザクとカットしていきます。

出来上がった子供の頭はザックリとしていて、いかにも素人がカットしましたという感じ。
それでも夫は上出来と思っています。


せめて今度すきばさみを買ってこようかなと考えています。
くしにカッターみたいなものがついていてとかすだけでカットできるものもあります。

道具をそろえても床屋に連れて行くよりは安上がり。
これからもお家で散髪します。

posted by 貧乏サラリーマン at 16:01| Comment(0) | 子育て

2018年01月16日

すべての物がこどものおもちゃ

子どもにせっかくおもちゃを買ってもそちらには興味がなく、むしろペットボトルの中に物をいれてカラカラいうのを楽しんだり、椅子を押して動かすのが楽しいらしく、何度やめさせても繰り返します。

扉の開け閉めもパソコンのキーボードをたたくのも大好きです。
ときには危険なこともするのでよくみていなければいけないのですが、色んなものに興味をもち、おもちゃで遊ぶこともあるけれど、自由に動き回ってその辺の雑貨や家具で自分のできることを増やしていくのが楽しいようです。

買おうか迷っていたおもちゃがありましたが、今回は買わないことにしました。
子どもの興味があると実感出来たら買うことにします。
posted by 貧乏サラリーマン at 13:29| Comment(0) | 子育て

2017年11月29日

子育て世代に優しい保育園無償化

子どもがいると、たくさんお金がかかります。

子だくさんの家族をみると、すごいなぁーと尊敬します。

子どもの世話で忙しいだろうし、さらに働きに出て養わなくてはいけません。
食事の量だって相当です。食費もかさみます。

少子化、晩婚化で経済的な理由も原因にあると言われていますが、確かにそうなんですよね。

少子化にいたっては、もし子供を望んでもなかなかできなくて、不妊治療が必要になったとしたら、問題は治療費だけでなく、身体への負担から仕事が続けなくなるということがあるようです。

サポート体制が充実してくれれば、きっともっと子供が増えますね。



子どもは一人で、まだまだ一歳なのでお金はそんなにかかっていませんが、これからきっとたくさんかかるようになります。

パートで働きに出るとして、保育園の費用とパート代と差し引きするとあまり収入がないのでは?と思っていました。

保育園無償化になれば、少しは子供の学費を貯金することができるかもしれません。

無償化の対象は3~5歳児で、希望の保育園に入れるかどうかもまだわかりませんが、期待しています。
posted by 貧乏サラリーマン at 13:58| Comment(0) | 子育て